フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

« OZ DAYS LIVE | トップページ | 季刊ファントーシュ »

熱狂!GS図鑑他/黒沢進

日本のロックやフォークについて調べたいときに、故・黒沢進さんの研究成果には本当に助けられます。その業績には、尊敬の念を禁じ得ません。僕が、初めて出会った黒沢さんの本は、「熱狂!GS図鑑」です。黒沢さんにとっても、初めての商業出版でした。内容は、GSの「全ての」グループを紹介するもので、そのシングルとアルバムをジャケット写真、収録曲込みで網羅し、既に「完璧な」研究本となっています。この本が出た当時、GSは、いわゆるミッシングリンクで、日本のロックやフォークの歴史をさかのぼるとたどり着くにもかかわらず、正確な情報がありませんでした。懐メロやアイドル、独特の世界観などで語られることはあっても、このように研究の対象とされることがなかったのです。例えば、細野晴臣さんや松本隆さんが在籍した「エイプリルフール」の前身はGSの「フローラル」であることや、高橋幸宏さんが兄の在籍したGSの「フィンガーズ」の臨時ドラマーをやっていたことなどは知られていましたが、その「フローラル」や「フィンガーズ」のメンバーやレコードなど、ほとんど不明の状態でした。それが、この本の登場により一変しました。とにかく、グループ数の多さと多様さに圧倒されました。「熱狂!GS図鑑」は、何度読み返したかわかりません。僕にとって、GSと言えば、黒沢進さんであり、「熱狂!GS図鑑」なのです。この本に、黒沢さんの略歴が紹介されています。「1954年9月秋田生まれ。中央大学文学部社会学科卒。中学時代にGSブームが到来。完璧に夢中になった。GSと名のつくものは片端からすべてエア・チェックし、メモをとるというクライ中学時代を送る。70年、ブームの終焉とともに音楽への興味が薄れ(早川義夫・高田渡を除く)、音楽と遠ざかっていった。80年、ふとしたきっかけで再びGSに目覚め、以来GS研究に寝食を忘れて没頭。特にB級GSに関しては他の追随を許さない。82年『資料日本ポピュラー史研究(上巻)-ロカビリー~エレキ編』、83年『同(下巻)-GSとカレッジフォーク編』、85年『同(補巻)』を自費出版。“B級GS”なるものの仕掛け人。」また、「日本の'60年代ロックのすべて」では、「日本ロック史家」として、次のように記載されています。「1954年9月5日生まれ。日本のロック史の中でも古代史(ロカビリー)と中世史(GS)が専門で、近代史(はっぴいえんど登場以降)や現代史(パンク/ニューウェイヴ以降)はよく知らない。」 ただし、黒沢さんの「知らない」のレベルはかなり高いと思われます。

Mr02022 熱狂!GS図鑑

著者:黒沢進

徳間書店

1986年1月31日

まえがき

1 実力派GS 正統派音楽少年GS アウト・キャスト、ビーバーズ、4・9・1、タックスマン、リンド&リンダース/ニュー・ロック参入GS ゴールデン・カップス、ズーニーヴー、サムライズ、ハプニングス・フォー、モップス、フラワーズ

2 坊ちゃんGS ヴィレッジ・シンガーズ、ランチャーズ、フィンガーズ、サベージ、ワイルド・ワンズ、サニー・ファイブ

3 GS源平の戦い 二大老舗GS スパイダースVSブルー・コメッツ スパイダース、ブルー・コメッツ/二大人気GS タイガースVSテンプターズ タイガース、テンプターズ/和製カーナビーサウンドの両雄 カーナビーツVSジャガーズ カーナビーツ、ジャガーズ/二大エレキGS バニーズ(テリーズ/フェニックス)VSシャープ・ファイブ(シャープ・ホークス) バニーズ、テリーズ、フェニックス、シャープ・ファイブ、シャープ・ホークス/二大R&Bバンド ダイナマイツVSボルテイジ ダイナマイツ、ボルテイジ

4 泡沫GS キッチュなGS オックス、ライオンズ、ナポレオン、ムスタング、シルビーフォックス/クラウンGSの四天王 レインジャーズ、クーガーズ、ジェノバ、プレイボーイ

5 アイドル・ファッション志向GS おしゃれなGS ピーコックス、フローラル、アダムス/第三世代のGS ヤンガーズ、リリーズ、ブルー・インパルス/末期アイドル志向GS ピーターズ、PSヴィーナス、オリーブ、ブレイズ

6 悲しきシングル一枚GS ニュー・ジャガーズ、ガリバーズ、スケルトンズ、フレッシュメン、ターマイツ、ブラック・ストーンズ、シェリーズ、ビップス、ギャロッパーズ、クローズ、モージョ、スピリッツ、ラヴ、スコーピオン、マミーズ、サン・フラワーズ

7 異色編成GS 異色編成GS ワンダース、ホワイト・キックス、ジェット・ブラザース、ムーンドッグズ、シルクロード/外人GS スーナーズ、クラックナッツ、ハーフ・ブリード、リード

8 歌謡曲に近いGS 限りなく歌謡曲に近いGS パープル・シャドウズ、ファンキー・プリンス、ダウン・ビーツ、デビィーズ、レモン・ルーツ、ベアーズ、ハイローズ/ロカビリーの匂ひのするGS スウィング・ウエスト、ヴァン・ドッグス、ブルー・ファイヤー、ブルー・ジーンズ

9 無志向or無節操GS なんとなくGS アイドルス、エドワーズ、サマーズ、ルビーズ、バロネッツ、ポニーズ、キングス/無節操転向GS レオ・ビーツ、リバティーズ、リンガース、ブルー・シャルム、アップル/アングラブーム便乗GS ジャイアンツ、ダーツ、フィフィ・ザ・フリー、イーグルス、トーイズ、スカイ・ホークス

レコードを出していないプロ級GS

10 GSの歴史とその周辺 グループ・サウンズの短い歴史と豊穣な音楽/<寺内タケシとブルー・ジーンズ>とエレキ時代/加山雄三そして<一人GS>/若者の唄!カレッジ・ポップス/ニュー・ロック1969/ジャックス1986/GS情報

あの袋小路さがたまらない(近田春夫)

GS・OBインタビュー ジャリトラ屋覚悟でがんばった 湯原昌幸/「あの時みんな若かった」 かまやつひろし/手応えを感じたキャンプ廻り 司薫/母の口すさんだ唄が頭にあった 加藤ヒロシ

GS音楽講座 Ⅰ 数々の音楽的実験に満ちていたGS 難波弘之/Ⅱ レコード会社の体質を買えたGS 橋本淳

GS I LOVE YOU ファッション史を塗りかえたGS 川本恵子/初めての「少年歌謡」と団塊の世代 秋山道男/GSもウラから見れば楽しめる 鈴木慶一

GSギターカタログ 解説:佐々木勝俊

60年代から80年代までの「今」をむすぶ 稲増龍夫

コラム

Fe21003 資料日本ポピュラー史研究(上巻)

―「ロカビリー~カバー」と「エレキ」篇―

編者・発行人:黒沢進

1982年8月25日

はじめに 研究の目的と限定

特別寄稿 糞いまいましいビートルズ(亀和田武(SF作家))

第一部 ロカビリー~日本語カヴァー系シンガー・ディスコグラフィー1958~1965 各社オムニバス盤/参考資料 他ジャンル(ラテン系,ジャズ・スタンダード系,シャンソン系,ウエスタン系,ハワイアン系,歌謡曲系など)シンガーの歌った-ロック・ロカビリー・ツイスト-

第二部 エレキ・グループ・ディスコグラフィー(ビートルズのカバーグループも含む) エレキ・オムニバス盤

Fe21004 資料日本ポピュラー史研究(下巻)

―「GS」と「カレッジ・フォーク」篇―

編者・発行人:黒沢進

1983年1月10日

昔、みんなGSだった・・・・・・

小柴英樹氏インタビュー(元ガリバーズ)

岡雅巳氏インタビュー(元アイドルス)

本城和治氏インタビュー(フィリップス制作部長)

宮崎重夫氏インタビュー(元フェニックス)

阿久津昌義氏インタビュー(元ヴァンドッグス)

皆木英利氏インタビュー(元プレイボーイ)

第三部 GSディスコグラフィー GSオムニバス盤

GS解題

B級GSのカセット14巻を聞いて(霜田恵美子(イラストレーター))

GS体験語録―現ミュージシャンを中心として

第四部 カレッジフォーク主要グループ・ディスコグラフィー 各社オムニバス盤

小山光弘氏インタビュー(元フロッギーズ)

結び 日本ポピュラー史研究の課題(黒沢進)

Mr02028 資料日本ポピュラー史研究 

初期フォーク・レーベル編

編著者:黒沢進

白夜書房

1986年12月15日

初期フォークレーベル写真集

第1部 URCレコード URCは日本のインディーズの原点だった/秦政明インタビュー/岩井宏インタビュー/早川義夫インタビュー/URCレコードディスコグラフィー

第2部 ベルウッドレコード 東京のハイカラ音楽、ベルウッド/三浦光紀インタビュー/ベルウッドレコードディスコグラフィー

第3部 エレックレコード フォークの大衆化をもたらしたエレック/永野護インタビュー/エレックレコードディスコグラフィー

アーティストインタビュー 大瀧詠一/高田渡

コラム

あとがき

Mr02029 日本の'60年代ロックのすべて

編著者:黒沢進

ビート史料刊行会

1989年3月10日

ロカビリー・バンド、エレキ・バンド、GS写真集/ブルー・コメッツ&スパイダース(3世代写真集)

日本のロカビリー・アルバム36選/清野太郎(元スイング・ウエスト)インタビュー/東京のプレスリーたち/ツイストの時代/日本のガール・グループ/Ⅰ ロックン・ロール~ポップス=日本語カヴァー系シンガー・ディスコグラフィー/ロカビリー・シンガー名鑑

日本のエレキ・インスト・アルバム6選/斎藤タカシ(元東京ビートルズ)インタビュー/日本のサーフィン=ホット・ロッド/日本のマージー・ビート/Ⅱ エレキ・バンド・ディスコグラフィー/ロカビリー&エレキ・バンド名鑑

GSアルバム30選/瀬川洋(元ダイナマイツ)インタビュー/日本のフォーク・ロック/日本のサイケデリック・ムーヴメント/GS・アイド・ソウル/GSラテン系の方々(小熊勉)/'60USパンクとB級GSの比較神話学(ジミー益子)/日本のブルース・ロック/Ⅲ GSディスコグラフィー/GSたのしい知識/GS通信/GS人気投票

小山光弘(元フロッギーズ)インタビュー/ガール・フォーク・グループス/Ⅳ カレッジ・フォーク・グループ・ディスコグラフィー

割れた鏡を貼り合わせ(湯浅学)

コラム

Mr02032SUSUMU KUROSAWA WORKS VOL.2 

日本の60年代ロックのすべて COMPLETE 

著者:黒沢進

責任編集:HOTWAX

編集兼発行人:高護

シンコーミュージック

2008年3月18日

はじめに

<第1章>ロカビリー~カヴァー・ポップス アルバム36選/インタビュー ミッキーカーチス、清野太郎、岡田朝光(ウエスタン・キャラバン)、田川譲二、草野浩二(プロデューサー)/ロカビリー・バンド研究/<資料>ロカビリー・シンガー所属バンド一覧/東京のプレスリーたち/コラム/ツイストの時代/日本のガール・グループ/ディスコグラフィー/名鑑

<第2章>エレキ・インスト アルバム6選/インタビュー 斎藤タカシ(東京ビートルズ)、沢野ひとし(兼業イラストレイター)/日本のサーフィン=ホット・ロッド研究/日本のマージー・ビート/ディスコグラフィー/名鑑

<第3章>グループ・サウンズ アルバム30選/インタビュー 瀬川洋(ダイナマイツ)、小柴英樹(ガリバーズ)、岡雅巳(アイドルス)、宮崎重夫(フェニックス)、皆木英利(プレイボーイ)、吉見聖(タックスマン)、水谷公生、穂口雄右(アウト・キャスト)、かまやつひろし(スパイダース)、湯原昌幸(スウィング・ウェスト)、司薫(4・9・1)、加藤ヒロシ(リンド&リンダース)、阿久津昌義(ヴァン・ドッグス)、蛎崎広征(ボルテイジ)、古賀民也(レインジャーズ)、若子内悦郎(バロン)、喜多島修(ランチャーズ)、橋本淳(作詞家)、村井邦彦(作曲家)、鈴木邦彦(作曲家)、本城和治(プロデューサー)/日本のフォーク・ロック/日本のサイケデリック・ムーヴメント/GS・アイド・ソウル/コラム/日本のブルース・ロック/追加と訂正およびQ&A/ディスコグラフィー/名鑑/インタビュー 小山光弘(フロッギーズ)/ガール・フォーク・グループス/カレッジ・フォーク・ディスコグラフィー/カレッジ・フォーク名鑑/ニュー・ロック・ディスコグラフィー

<第4章>CDライナーノーツ CDライナーノーツ/CDライナーノーツ一覧

あとがき

Mr02027定本ジャックス

著者:高護

編者:黒沢進・高護

1986年2月3日

白夜書房

(Ⅰ)写真編

(Ⅱ)解析編 ジャックスの歴史/ジャックスの音楽性

(Ⅲ)資料編  年譜/ディスコグラフィー/作品リスト/バッキングディスコグラフィー/早川義夫ディレクター作品リスト/カヴァー作品リスト/関係メディア解説/原詩紹介

(Ⅳ)インタビュー編 木田高介/水橋春夫/谷野ひとし/朝妻一郎/相沢靖子/つのだひろ/高橋末広/松原絵里/早川義夫

Mr02024 日本ロック紀GS編 

PSYCHEDELIA IN JAPAN 1966-1969

著者:黒沢進

シンコーミュージック

1994年10月25日

GS史概略

GSに先行する諸形態

日本サイケ紀

GS海外コンピレーションの現況

GSディスコグラフィー

レコード未発売主要GS

地方GS

GS出演映画一覧

GSコンピレーションCD

GSレディー・ランド

日本の60年代サイケデリック・フォーク

魅惑の世界GS

ニューロック・ディスコグラフィー

1994年のGS水脈

コラム

あとがき

Mr02030 日本ロック紀GS編 コンプリート 

PSYCHEDELIA in JAPAN 1966-1969 The Ultimate “Group Sounds” (Japanese Garage / Psych) Record Guide

著者:黒沢進

シンコーミュージック

2007年10月19日

GS史概略

GSに先行する諸形態

日本のガレージ&サイケのあけぼの

GS海外コンピレーションの現況

GSディスコグラフィー

GSからニューロックへ

GSディスコグラフィー補遺

その他のGSレア音源

自主制作GS

レコード未発売主要GS

GS出演映画一覧

エレキ~GS映画の快楽

GS時代のガール・シンガーたち

日本の60年代サイケデリック・フォーク

境界線上の“GS”

GS CDディスコグラフィー

2008年のモダンGS~黒沢チルドレン(サミー前田)

Mr02025 日本フォーク紀 

THE AGE OF INDIE-FOLK IN JAPAN 1969-1974

著者:黒沢進

シンコーミュージック

1992年12月27日

第1部 URCレコード URCレコード概説/秦政明インタビュー/岩井宏インタビュー/早川義夫インタビュー/URCレコード完全ディスコグラフィー

第2部 ベルウッドレコード ベルウッドレコード概説/三浦光紀インタビュー/プレ・ベルウッド期のディスコグラフィー/ベルウッドレコード完全ディスコグラフィー

第3部 エレックレコード エレックレコード概説/永野護インタビュー/エレックレコード完全ディスコグラフィー

巻末特別附録 URC/ベルウッド系主要シンガー完全ディスコグラフィー 岡林信康、遠藤賢司、高田渡、南正人、早川義夫、あがた森魚、三上寛、友部正人

コラム

My30002 日本フォーク紀 コンプリート 

The Age of Indie-Folk in Japan 1969-1974

著者:黒沢進

シンコーミュージック

2009年6月18日

URCレコード/ベルウッドレコード/エレックレコード完全ディスコグラフィー

第一部 URCレコード URCレコード概説/秦政明インタビュー/岩井宏インタビュー/コラム/黒沢進CD解説URC編/URC人名辞典

第二部 ベルウッドレコード ベルウッドレコード概説/三浦光紀インタビュー/コラム/黒沢進CD解説ベルウッド編

第三部 エレックレコード エレックレコード概説/永野護インタビュー/コラム

巻末特別附録 URC/ベルウッド系主要シンガー完全ディスコグラフィー 岡林信康、遠藤賢司、高田渡、南正人、早川義夫、あがた森魚、三上寛、友部正人

「黒沢進さんのこと」(篠原章)

Mr02031SUSUMU KUROSAWA WORKS VOL.1 

黒沢進著作集 

著者:黒沢進

責任編集:HOTWAX

編集兼発行人:高護

シンコーミュージック

2008年1月8日

まえがき

第一章 日本ロック大系と概論 「日本ロック大系 1957~1979[上]」より 一九五七~一九六三 ロカビリー、一九六四~一九六五 エレキ・インストバンド、一九六六~一九六九 グループサウンズ/「日本ロック大百科・年表編 1957~1970」より ロカビリー期、ティーン・ポップ期、エレキ・インスト編、グループ・サウンズ期、ニュー・ロック、インディー・フォーク期/「ロック・クロニクル・ジャパン VOL.1 1968~1980」より 日本語のロックの礎を築いたGSの革新性/「ロックの世紀VOL.1」 日本のポップス、歌謡曲/「ロックの世紀VOL.2」 日本のロック、ポップス

第二章 シネマは唄のためにある!

第三章 日本映画の歌唱シーン ロカビリー、ポップス系歌手出演映画一覧/ロッカビリーな映画/エレキ~GS映画の快楽/GS映画大集合・パール座ウエスタンカーニバル/ザ・スパイダースオリジナル・アルバム・ガイド/ザ・スパイダース出演映画全作品とその見どころ/ザ・スパイダース黄金の七人/エロス+GS映画が面白いぞ!/GS映画とは/GS映画作品紹介/その他のGS出演映画/ニッポン映画歌唱シーンあれこれ

第四章 クロサワードファズル

第五章 連載記事 あの頃ファイル/これからはフォーク/日本ロック史探訪/黒沢進のネオGS探訪/ロック日本書紀/深海レコードコレクション

第六章 特集記事 ジャックス/早川義夫とジャックス・未収録、発掘音源を含むレコード/ジャックスのいろいろなこと/GS映画/雑誌、TVなど・コラム/レコードを出していないプロ級GS/グループサウンズの短い歴史と豊穣な音楽/GSの歴史とその周辺・コラム/カヴァー・ヴァージョンよりオリジナル歌謡/グループサウンズと和製ポップス/グループサウンズの衝撃!/GO!GO!GSギャルズ!/ファズる心/ジャンル別GS楽曲誌上コンピレーション/モップス・ヒストリー 一九六七~一九七四/モップス出演映画

第七章 コラム・投稿など

初出一覧

あとがき

« OZ DAYS LIVE | トップページ | 季刊ファントーシュ »