フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2011年9月23日 ももいろクローバーZ「第15回水戸短編映像祭『NINIFUNI』+ももいろクローバーZライブ」 in 水戸芸術館ACM劇場 | トップページ | 2011年9月24日 Fairiesデビュー記念 CDショップ訪店&特典プレゼント会 in SHIBUYA TSUTAYA »

ももいろクローバーZ「笑っていいとも!」(2011年9月23日)

ももいろクローバーZが「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングに出演しました!!!ついにここまで来ましたよ。4月12日のももクロ試練の七番勝負「ももクロZVSお金」では、ステップアップとしてこの番組への出演をアドバイスされていました。それが、まさか5か月で実現するとは。リリー・フランキーからの紹介です。映画「モテキ」つながりです。ももクロはZ伝説の戦隊衣装です。髪飾りつきです。しかも、夏菜子はベアダーを装着しています。でかいももタンもくっついてきます。タモリが何だこれは?と反応します。「私たち今会えるアイドル、週末ヒロインももいろクローバーZ!」で、蒸気が噴出します。夏菜子がこれが正装なんですと説明します。全員で繰り返します。タモリはご苦労様ですと返します。夏菜子はしおりんとあーりんに手伝ってもらいベアダーをはずします。発売中のDVD「4.10 中野サンプラザ大会 ももクロ春の一大事~眩しさの中に君がいた~」のポスターを貼ってもらいます。あーりんがメンバーチェンジと水木一郎から「Z」をもらったことを説明しようとしますが、タイミングが悪く、空気読めなくてと謝ります。タモリが「昔はももいろクローバーだったよね」と相槌を打ちます。前から知っていたんでしょうか?!辞めたメンバーはやってらんないからだったのか聞きます。夏菜子は、いろいろ事情があると思うんですけどと言葉を濁します。気づいたらZがついていたのです。花束がたくさん来ています。向かって左側に「ももいろクリエイターZ」「Chu→Boh編集部」。向かって右側には、「リリー・フランキー」「柴咲コウ」「あなたの妹 私立恵比寿中学」「東京女子流」「岡田将生」「キングレコード株式会社代表取締役社長重村博文」「有野晋哉」「水木一郎」「ビームス代表取締役社長設楽洋」「ぴあ」「イープラス」「オテンキ」「De-view」「谷村美月」「ナタリーZ」「映画『サルベージ・マイス』スタッフ一同」「Quick Japan編集部」「東京ジョイポリス」「smart」などたくさんです。ももクロは喜んでいます。夏菜子が、柴崎さんや岡田さんは事務所の先輩で、スターダストプロモーションの中でも「スター」の方で、自分達は「ダスト」だと説明します。タモリはおもしろいことを言うねと返します。みんな若いんだよねと振ります。しおりんが平均年齢16.4歳と答えます。一番下があーりんで、一番上がれにです。キャッチフレーズと自己紹介を頼まれます。普段のロングバージョンは3分かかるので、ショートバージョンでやります。全員名札を付けています。いつも通り、れに、あーりん、しおりん、杏果、夏菜子の順で回します。タモリも乗って「愛のオールバック」とか言い出します。ここでCMに入ります。CM中は「ピンキージョーンズ」を歌います。CM明けにタモリがすごかったですねえと感想を述べます。「100人中1人」に挑戦します。賞品の携帯ストラップを期待します。夏菜子が代表して、ももクロ結成日の5月17日が誕生日の人でねらいます。残念ながら0人でした。お友達を紹介してくださいと言われ、観客から遅れて「え~っ!?」がありました。タモリが遅いと言い、ももクロは大爆笑です。観客は探り探りだったのです。しおりんがお友達を紹介します。普段テレビではAKBさんが好きだと言ってるんですけど、事あるごとに手紙とか、手紙とか、手紙を送ってくれるももクロのやさしいおにいちゃん山里亮太です。電話に出た山ちゃんについて、タモリがやな声だねえと評します。山ちゃんは自分でいいかと恐縮がります。ももクロおもしろかったです。

(追記・2011年9月25日)

25日の「笑っていいとも!増刊号」でテレフォンショッキングの模様が放送されました。まず、前日のリリー・フランキーからの友達紹介です。電話を受けたのは夏菜子で、昼休み中でした。学校の先生にことわって抜け出しました。放映分は、ベアダーをつけての名乗りと5人の自己紹介がピックアップされました。CMに入り、自己紹介で終わってしまったと笑います。提供バックのためにダンスが求められました。それで、「ピンキージョーンズ」を踊ったのです。CM中は、「逆境こそがチャンスだぜ」から「チャパチャパ」まで行きます。最後はタモリの周りに集まり、れにがタモリに手をこういうふうにやってくださいと「チャパチャパ」をいっしょにやって締めます。タモリは何だこれは?と言います。すかさず夏菜子が出欠をとります。タモリに「6」で乗ってもらいイェイ!です。タモリが喜んでいるので、さらに夏菜子が畳み掛けます。「私たち今会えるアイドル週末ヒロインももいろクローバー」からの「Z」をいっしょにポーズつきでやってもらいます。夏菜子が「もう仲間入りですね」と勝手に仲間認定をします。いいともでも「プロレス」をしました。その後のコーナーで水木一郎のナレーションで「中居がSMAP北京ライブを語ったZ」と「Z」を使っていましたが、これはももクロにちなんだのでしょうか?

(追記・2011年9月26日)

ももクロの紹介で山ちゃんがテレフォンショッキングに登場します。ももクロからの伝言をタモリが伝えます。「もうライブには来ないでください」と。すかさず山ちゃんが、書いてないでしょう!とツッコみます。本当は、「山ちゃんいつもおいしいお菓子とかケーキとかお花とかお手紙とかありがとうございます。これからも、ももクロ一筋でお願いします」です。タモリに本当に好きなのはAKBかももクロか詰問されます。みんな平等に好きなのです。タモリにいっしょにももクロのライブに行こうと誘います。12月25日のさいたまスーパーアリーナです。タモリがももクロはすごいらしいねと言います。山ちゃんは、今までのアイドルとは全く違う「全力」という言葉では片づけられないムチャクチャやると説明します。タモリはちょっと振り付けが違うと評します。山ちゃんが紹介した友達は「東方神起」でした。

« 2011年9月23日 ももいろクローバーZ「第15回水戸短編映像祭『NINIFUNI』+ももいろクローバーZライブ」 in 水戸芸術館ACM劇場 | トップページ | 2011年9月24日 Fairiesデビュー記念 CDショップ訪店&特典プレゼント会 in SHIBUYA TSUTAYA »