フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

« ももいろクローバーZ「大!天才てれびくん 大!木曜LIVE」(2011年9月29日) | トップページ | 2011年10月1日 モト,ももクロ祭り!~好きなものは好き~ 第2部 in タワーレコード渋谷店 »

2011年10月1日 早見あかり・伊倉愛美・高井つき奈「モト,ももクロ祭り!~好きなものは好き~」第1部 in タワーレコード渋谷店

「モト,ももクロ祭り!~好きなものは好き~」第1部を観にタワーレコード渋谷店に行って来ました。「モト,ももクロ祭り」とは、元ももいろクローバーの早見あかり、伊倉愛美、高井つき奈の3人が登場するからなのです。女祭り・男祭りの前哨という感じでしょうか?こんなイベントが企画されるとは思いもしませんでした。つき奈は3Bのイベントに最近よく出ているのであるにしても、愛美はスターダストから太田プロに移籍してるのです。それが実現するなんて!まあ、愛美のDVD「17スマイル」では元「ももクロ」水着デビューなんて宣伝されていますが。第2部で川上さんが言っていましたが、テレ朝チャンネルで「ももいろクローバーZ~LIVEスペシャル~極楽門からこんにちは Hello!!from The Gokurakumon」が放送された翌日にタワーレコードからイベントの話があったそうです。これに、最近活動が顕著な3人をプラスしたのではないでしょうか。何にせよこの3人が並んだイベントは貴重です。開演前の影ナレーションによる注意事項は川上さんが行います。上映会の後、いよいよ3人の登場です。爆勝宣言からのovertureで高まります。あかりんが椅子を持って登場します。ショートヘアで先にパーマを当てています。パンツルックの秋っぽいコーディネイトです。今日はともみんがいないのでスタッフは2人だけです。それなので、愛美とつき奈の椅子もあかりんが運びます。「早見あかりのわかんなーい」風のトークイベントなので、あかりんが仕切るのです。川上さんも声だけで参加します。あかりんは、今日は靴にツキがないのです。家を出るときに時間があると思って余裕こいていたら時間が足りなくなって、急いでパンプスを履いたら壊れてしまいました。私服をバチッと決めたのに靴だけ残念になりました。衣装に着替えても足が小さいので靴がズレるのです。あかりんは上映会をモニター室から見ていたそうです。今日の観客が上映された中での「overture」で盛り上がるのかと思ったら、意外と静かだったのであれっ?と思いました。上映会に集中していて観客は律儀だと考えました。川上さんも同様です。それでも、徐々に盛り上がっていったと感じています。あかりんは愛美とは久しぶりに会ったようです。でも、会えば以前と変わりはありません。その愛美とつき奈を呼び込みます。自己紹介をします。愛美は「まな」と言った後観客に「みっくす」と言ってとお願いします。つき奈はSKE48のときにやっていたバージョンです。レアです。あかりんはももクロ時代のはやりません。英語バージョンは封印したのです。川上さんが言うには、今日の3人はももいろクローバーZファンということです。上映を観ておもしろかったと感じています。overtureから1曲目まで40分も寸劇に時間をとるのがももクロらしいと思っています。愛美によると、路上時代も歌より劇の方が長かったそうです。ももクロの歴史をたどると、愛美とつき奈は0期からのメンバーです。でも、写真を撮ってそれがインターネットで公開されて終わりになりました。グループ名も決まっていませんでした。0期がなぜ続かなかったのかは理由があるようです。この写真撮影の時、あかりんは横で3B移籍のカメラテストを行っていて、可愛い子たちがいるなあと思っていました。ももいろクローバーが結成された時には、いっしょにカメラテストを受けた夏菜子と詩織も加入していたのです。あかりんや3Bのメンバーはビラ配りを手伝ったり、メンバーが欠席の時は劇に出たりしました。最大9人になって3人が抜けました。脱退した愛美はももクロの里に帰ったという設定だったのです。ももクロがなぜ和のテイストなのかを愛美は知りません。つき奈が説明します。藤下さんがつき奈の特技が日本舞踊なのでコンセプトにしたのです。川上さんが補足します。藤下さんとは私立恵比寿中学の理事長で、つき奈のことが大好きなのです。愛美はメンバーの特技がグループのコンセプトになるなんてある?と驚いていました。3人のそれぞれの第一印象を語ります。最初はあかりんが語ります。愛美はしっかりしていると感じました。れにが最年長ということでリーダーになったけど、実質のリーダーは愛美でした。愛美から受け継いだダンスのパートもカチッとしていると感じました。つき奈はアイドルという感じでした。今日もふわふわの私服です。次は愛美が語ります。あかりんは最初から貫禄がありました。つき奈は「つき奈です♡」という感じで最初は大変でした。最後はつき奈が語ります。あかりんは有名な女優だと思っていて、一歩引いていました。愛美は一本ねじが外れた人だと思っていました。レッスン着のフロントにペコちゃんが描いてあり、「ほら、ペコちゃんだよお」と見せるのです。現在のメンバーの印象について話します。まず、しおりんです。愛美はこの夏休みにしおりんとディズニーシーに行きました。当時は、泣き虫で毎日泣いていました。れにといっしょにいじっていました。後ろからお尻をつつくだけで泣くのです。雷が鳴っても泣いていました。愛美は川上さんにしおりんいじりのことでちょっと怒られました。そういう川上さんもしおりんがよそを向いているうちにキャリーバッグを隠したりして泣かせていました。つい先日もともみんのバッグを隠したりして今もやっていることは変わっていません。あかりんが最近はしおりんは泣かなくなったとい言います。大人になってきたのです。川上さんもサマーダイブでしっかりしてたと感じています。つき奈は、しおりんが女を好きな人なのかと思いました。すぐにチューをしてくるからです。愛美も結構迫られました。次に夏菜子です。3人とも夏菜子は変わらないと言います。あのまま大人になっていくんだろうと考えています。愛美は声が可愛いと言います。あかりんはこの前、夏菜子に会いました。ドルトムントのお土産でハリボーのグミをくれました。そうしたら、カバンが軽くなってよかったと盛んに言っていたそうです。つき奈は夏菜子がいるとまとまると感じています。次に、れにです。れにはリーダー時代はしっかりとしていたのです。あかりんはあんなに変な人だとは思っていませんでした。段々と下がっていったのです。最初はれに以上のボケがメンバーにいて、れには目立ちませんでした。愛美がW川さんねと言います。和川美優のことです。次にあーりんです。愛美は、あーりんは会った時からあのピンクのオーラが出ていたと感じています。あかりんが初めて会った時に既にももクロのメンバーになることが決まっていて、えっ!?と思いました。最後は杏果です。つき奈の一推しです。杏果のことを考えるだけで大変なことになってしまうのです。あかりんは、EXELEのバックダンサーの子が入ってくると聞いていました。実際凄く踊れて、それまでの自分達がグダグダに見えて、何とかしなくてはと思いました。それが、今のももクロにつながっているのです。愛美も最初はゆるかったと言います。愛美は小さい頃から子役仲間として杏果を知っていて、あのハスキーボイス杏果かと再会したそうです。今後、ももクロに期待することは、このままで行ってほしいということです。3人にとってももクロとはを語ります。あかりんは修業の場です。今まで経験したことのない事をやりました。愛美は人生が変わりました。それまでアイドルをやったことがなかったからです。つき奈は、ももクロの下積み時代を経験できたことです。ももクロを辞めて栄でやっているとき(SKE時代のこと)も、夏菜子や川上さんが来てくれたりしました。今日だって事務所が違っても一緒にイベントが出来ちゃうのです。こうなれば、現メンバーと旧メンバーがいっしょに何かやれたらという話になりました。これは、すごく期待します。告知は、あかりんが「ウレロ☆未確認少女」「cheerfu11y」、愛美がDVD「17スマイル」、つき奈が「モモフェスvol.1」です。ここで、クリミテーションZは解散するそうです。本当に楽しい時間でした。

セットリスト

「ももいろクローバーZ~LIVEスペシャル~極楽門からこんにちは Hello!!from The Gokurakumon」上映会

早見あかりのわかんなーい風トークイベント

  1. 爆勝宣言~overture
  2. 早見あかり登場
  3. 伊倉愛美・高井つき奈登場

« ももいろクローバーZ「大!天才てれびくん 大!木曜LIVE」(2011年9月29日) | トップページ | 2011年10月1日 モト,ももクロ祭り!~好きなものは好き~ 第2部 in タワーレコード渋谷店 »