フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

« 2011年11月12日 ももいろクローバーZ 魂のシュプレヒコールツアー(第2部) in 横浜BLITZ | トップページ | 2011年11月16日 私達Tokyo Cheer2 Partyです、ハイ! in 恵比寿LIVE GATE »

2011年11月13日 ももいろクローバーZ@ラゾーナ川崎イベント

Dsc_0312_r

Dsc_0314_r

Dsc_0316_r

Img_r

「ももいろクローバーZ@ラゾーナ川崎イベント」に行って来ました。会場は、ルーファ広場グランドステージです。「労働讃歌」のプロモーションなのです。マスコミも入っています。発表は前日の「魂のシュプレヒコールツアー」でした。ももクロの活動が最近突発的になってきています。しおりんがイベント中に現場を回さないでと言っていましたが、昨日の今日なのでそれは難しい人もいると思います。僕も行こうと思っていた現場をキャンセルしてこちらを選びました。久々の握手会があるのです。7月9日にMEGA WEBでやった「お台場の懲りない面々~タダより高いものは無い~」以来です。ももクロとの握手がこんなに難しくなるなんて。会場に6時過ぎに着いたら、ステージ前で場所取りをしている集団と、CD予約列に並んでいる集団がありました。とりあえずCD予約列に並びました。ステージには「労働讃歌」の垂れ幕、パネルや、モモタン、PVで使用された「スナック茶畑の娘」「若大将」「高城電気設備」「有安ダンススクール」などの看板が設置されています。6時に着いた時点で既にセッティングされていました。いつから作業に取りかかったのでしょう?CD予約列は何重にもなってきました。8時から「労働讃歌」の予約と引き換えに握手券の配布が始まります。盛んに係員が握手券には限りがあるので並んでも受け取れない場合があるとアナウンスしていました。予約枚数に上限がなかったのです。僕は運よく握手券をもらえましたが、9時半ぐらいにはなくなってしまったようです。会場後ろのビジョンでは「サンタさん」のPVが映されています。握手券をもらった後は、観覧スペースで立って待っていると、9時50分頃に夏菜子・しおりん・あーりん・杏果の4人がステージに登場しました。それぞれのカラーのパーカーを着ています。今日も4人で頑張るのかと思っていると、スペシャルゲストとして呼び込んだのは、れにでした!!!れには今日はライブに参加できるのです。いったん引っ込んだ後、10時にもう一度出てきて、リハーサルをします。「キミノアト」を歌いました。本編では歌わなかったので貴重です。開演前にベアダーがモモタンにセッティングされます。ももクロの「Z」の名乗りのときは蒸気を噴出していました。司会の呼び込みでラゾーナ総理大臣が舞台袖に登場します。着ぐるみです。ライブ中にれにがインタビューをしますが、ありきたりで不評です。それならと、しおりんに始めて会った人に名前を聞く方法をやって見ますが不審な人です。その最中に杏果がいきなりしゃがみこみました。屋根に鳩が止まったのです。どんだけ動物が怖いのかと。段々日差しがきつくなってきました。でも、気にしない。この会場の場合、通行人も含めて観客数を出したりしますが、本当にぐるりと観客でいっぱいですごかったです。「overture」が鳴り響いて、ももクロが登場します。「労働讃歌」のジャケットなしの衣装です。「Z伝説」から始めます。やっぱりももクロは5人ですね。「労働讃歌」ではジャケットを着ます。この衣装はおかしくないでしょう?と観客に問います。僕は下をうつむきました。ウソはつきたくない・・・。ももクロはこの衣装を毎回サラリーマンから追いはぎしてゲットしているのです。すごい設定です。追いはぎされたサラリーマンはライブに呼んであげなくてはと言います。メンバーが袖をまくりあげて筋肉を見せる中、さすがに夏菜子は本物でした。そして、「サンタさん」が初披露されたのです!!!「れにちゃんのちょっといいとこ見てみたい」と「れにちゃんのもっといいとこ見てみたい」は、サインボールを観客に向けてラケットで打ちました。元々は8月20日の「極楽門からこんにちは」が雨天の場合に用意していたものを流用したのです。だからボールには8月20日と書かれているのです。「CONTRADICTION」「ももクロのニッポン万歳!」と続け、「コノウタ」で締めました。「Z」になってからの曲のみでセットリストを構成したのは初めてではないでしょうか。6曲で終わって「えー!?」となったので、夏菜子がツアーに来てくださいと返しました。うまい!ちなみに、夏菜子の地元にはここまで大きいショッピングモールはなく、正面に見える「KARAKO」というお店が気になるので行ってみたいそうです。握手会は、ステージ向かって右横のテントで行われます。向かって右から、れに・しおりん・杏果・夏菜子・あーりんと並び、この順で流れました。握手券にはA~Dの別があり、Aから始まったので、これは長いかもと思っていたら、意外と早く自分のDまで来ました。つまり高速だったわけです。今までで一番だったかもしれません。声をかけるだけで精一杯でした。まあ、れにの体調を考えれば仕方のない事なのです。最後の方に残るのは以前に現場でよく見たいつもの顔なわけで、やっぱりももクロのイベントには来るんだなと感慨深かったです。ラストは、恒例のクローバーポイントチャンピオンです。最後の一人になったのにまだ握手券を複枚数持っているので、逆にももクロが回り、川上さんがそのハガシをやりました。全員粘る役をやって楽しかったです。このシーンは以前のももクロイベントらしさがありました。14時過ぎに終わりました。

セットリスト

  1. overture
  2. Z伝説~終わりなき革命~
  3. MC(自己紹介)
  4. 労働讃歌
  5. サンタさん
  6. CONTRADICTION
  7. ももクロのニッポン万歳!
  8. MC
  9. コノウタ

握手会

« 2011年11月12日 ももいろクローバーZ 魂のシュプレヒコールツアー(第2部) in 横浜BLITZ | トップページ | 2011年11月16日 私達Tokyo Cheer2 Partyです、ハイ! in 恵比寿LIVE GATE »