フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2011年11月6日 私立恵比寿中学LIVE~毎日が誰かの生誕祭~2部「アパート記念日~ちょっとみりん貸していただけませんか~」 in HMV大宮LOFT | トップページ | 2011年11月7日 ももいろクローバーZ×「シブカル祭。」カフェ in moph »

2011年11月6日 ももいろクローバーZ「ももクロ男祭り2011」 in 品川ステラボール

大宮の私立恵比寿中学から、ももいろクローバーZの「ももクロ男祭り2011」を観るために 品川ステラボールに行って来ました。エビ中校長のソロがどうしても聴きたくてエビ中イベントの2部を観ていたら、途中入場になってしまいました。夏菜子、しおりん、あーりん、杏果、れに、ごめんなさい。会場に入ると、ステージには大太鼓が5つ並べてあります。花道があり、提灯がフロアに5つ掲げられています。赤・黄・桃・緑・紫とメンバーカラーに色分けされています。ももクロの衣装はピンクのオーバーオールです。ちょうど「天手力男」を歌い始めるところでした。「バトルアンドロマンス」の中で一番好きな曲です。「ワニとシャンプー」では、グッズの扇子を取り出しました。「男のお悩み相談室」は、事前に募集した相談に答えていくのですが、すべて気合が足りないと断じて、神輿に乗り込みます。それで、ココ☆ナツを歌いながら花道を進み、煽りながら水鉄砲を観客に浴びせるのです。ウケました。メンバーが苗字で呼びあっていて、あーりんの場合はお約束の「佐々木って言うな!あーりんだよぉ」です。新曲の「労働讃歌」が披露されました。やっと生で観ることができました。例のスーツの上着を着ます。ももクロのシングル曲は、初めのうちは観客がポカーンとして、ライブをこなすうちにノリが出来ていくのがこれまでのパターンです。「ピンキージョーンズ」も「ミライボウル」も「Chai Maxx」も「Z伝説」もそうでした。でも、「労働讃歌」はすでに観客が盛り上がっていました。最初にPV観た時は「え?」という感じでしたが、何度でも聴きたくなってきました。PVででは、あーりんは夏菜子のプハーッが好きです。夏菜子はしおりんのデヘヘヘヘです。杏果のカメのエサやりの怖がり方はひどいと言われました。看板にあーりんが一度も通っていない「佐々木お料理教室」や「スナック茶畑の娘」「有安ダンススクール」「高城電気設備」などがあっておもしろかったそうです。でも、しおりんは「若大将」だけなのです。「Chai Maxx」「行くぜっ!怪盗少女」ととんでもなく盛り上げて、「スターダストセレナーデ」を経て、「オレンジノート」で締めます。アンコールからは、衣装がガクランモチーフに変わりました。「ももクロのニッポン万歳!」からの「走れ!」です。「走れ!」は鉄板中の鉄板ですが、「ニッポン万歳」がここまで大切な曲になるとは。当然にアンコールでは収まらず、ダブルアンコールが起きます。こうなれば「ツヨクツヨク」です。ももクロMIXをきめてからのタオル回しです。ラストは「コノウタ」です。コノウタが最後を飾るなんて珍しいです。途中入場でしたが、汗をぐっしょりかきました。ももクロ最高です。

セットリスト

  1. オープニング:和太鼓演舞~overture
  2. ももいろパンチ
  3. 未来へススメ!
  4. 全力少女
  5. 気分はSuper Girl!
  6. ピンキージョーンズ
  7. Words of the Mind
  8. Believe
  9. ミライボウル
  10. きみゆき
  11. Z伝説~終わりなき革命~
  12. ココ☆ナツ~ココ☆ナツサンバパレード (1)
  13. MC お悩み相談室 (1)~ココ☆ナツサンバパレード (2)
  14. キミノアト
  15. CONTRADICTION
  16. D'の純情
  17. 天手力男
  18. ワニとシャンプー
  19. MC お悩み相談室 (2)~ココ☆ナツサンバパレード (3)
  20. 労働讃歌
  21. Chai Maxx
  22. 行くぜっ!怪盗少女
  23. スターダストセレナーデ
  24. オレンジノート

アンコール

  1. ももクロのニッポン万歳!
  2. 走れ!

Wアンコール

  1. ツヨクツヨク
  2. コノウタ

« 2011年11月6日 私立恵比寿中学LIVE~毎日が誰かの生誕祭~2部「アパート記念日~ちょっとみりん貸していただけませんか~」 in HMV大宮LOFT | トップページ | 2011年11月7日 ももいろクローバーZ×「シブカル祭。」カフェ in moph »